動物に振り回される北海道生活とは?

nature
スポンサーリンク
スポンサーリンク

動物の宝庫

北海道は自然が本当に豊かです。

私は動物の写真を撮っているので、それも北海道に移住した大きな理由の一つです。

動物だけでなく、植物も豊かで、本州では見られないような可愛い花を咲かせる野草があちこちに咲いていたりします。

私が移住したところは、特に自然豊かな場所なので、そういった自然を身近に感じられます。

ただ、生活するうえで、野生動物の行動が厄介とも感じられるものもあります。

そこで今回は、私の春のとある一日を紹介したいと思います。

「北海道に移住したい」と思っている方は、「生活が動物に振り回されることがある」ということを感じてみてくれたら嬉しいです。。

野生動物①

まず早朝、アカゲラというキツツキの仲間が、私の家のテレビのアンテナを叩きに来ます。

最初はその音が何だか分からないので、「近くで工事を始めたのだろうか?」と思いましたが、朝5時前です。

眠いのでそのまま寝たいのですが、余りの振動と音に寝ていられません。

止む気配も一向になく、いくらなんでもおかしいと思い、窓を開けて確認すると、

家のテレビのアンテナを、アカゲラがリズミカルに叩いています

工事のドリルの音だと思ったのは、アカゲラの求愛の行為、ドラミングでした。

こうして私はたたき起こされます。

野生動物②

昼間、車で買い物に出かけると、道端のあちこちでエゾシカが草を食べています。

それだけなら何の問題もありません。

しかし、彼らは急に道を横切ることがあり、北海道では年間2000件以上も事故が起きています

頻繁に事故が起きるのは繁殖期の10~11月とされていますが、一年中エゾシカは動き回っているので注意が必要です。

そして、実際運転していると、頻繁に目の前を横切ります。

運転する際は、衝突しないよう注意しながら走らなければなりません。

野生動物③

春はヒグマが冬眠から覚める時期です。

山に入る際や、HSP犬との散歩で山際を歩く際は注意が必要です。フンがあちこちに落ちているので、近くにいるかどうかはすぐにわかります。

山に入らなければ大丈夫だろうと思うかもしれませんが、意外に町の近くでも目撃されたりします。

なので、町はメールなどで目撃情報があると注意喚起を行います。

山に入る際の対策としては、クマ鈴を持つ、スマホで音楽をかけ続ける、爆竹を鳴らす、クマ撃退スプレーを携帯するなど、様々です。

正直どこまで効果があるかは分かりませんが、対策をせずに山近くを歩くのはオススメできません

ヒグマとの遭遇は命の危険があります。

動物ではありませんが、もう一つ山際を歩く際、とても注意が必要なのはマダニです。マダニは様々な病気を媒介します。

北海道の山は動物が多いせいか、マダニがとても多いです。

私はまだ嚙まれたことはありませんが、厄介なのは蚊やアブの様に吸血されても叩いてつぶせないということです。

咬まれた場合は速やかに医療機関に行った方が良いです。

野生動物④

私の住んでいる地域はコンポストという、生ゴミをたい肥に変える容器を庭先に置いている家がかなり多いです。

私は自作し、食事を作るたびに出た生ごみをその都度コンポストに入れに行きます。

しかし、その容器の周りをキタキツネが堀り、中に入っている生ゴミを荒らしてしまうことがあります。

なので、容器をしっかりと土の中に埋め込んだり、周りを石で囲うなど工夫が必要です。

そういったことから、地元の人はキツネのことを厄介者と思っている人も多いです。

ちなみに、私の家のコンポスタはまだ一度も荒らされた気配はありません。

※キツネは夜よく動き回っていますが、昼間も結構家の周りをうろうろしています。

そんな風にして野生動物の存在を常に感じながら、一日が終わり、就寝します。

しかし、野生動物に振り回されるのはまだ終わっていません

熟睡していると、夜中に外でけたたましい叫び声が聞こえて目が覚めるのです。

ギィヤァーーーー!!

ヒィギャアーーーー!!

それは、人間の断末魔の声と形容できるものです。(勿論断末魔の声を聴いたことはありませんがw)

何事かと思い声のする方を窓からそっと見てみるとそこにはキツネがいます。

声の正体はキツネでした。

調べたところ、どうやらメスがオスを誘う際の声や、警戒の声だったりするみたいなのですが、背筋が凍るような鳴き声を出します。

外国では、キツネのその声を聞いた人が「誰かが襲われている!」と勘違いして通報することもあるそうです。

残念ながらその声を録音出来ていないので、出来た際はブログにて紹介させていただきます(笑)

自然に合わせる

以上、私のとある春の一日はいかがでしたでしょうか?

朝起きる前から、夜寝た後までも、私の住んでいる北海道では動物を本当に身近に感じ、そして振り回されることがあります。(まだたくさんあるので今後書いていきます)

そして、それを「迷惑」と感じる人も多いと思います。

しかし、人間は、自分たちの都合を優先して、動物たちを人間に合わせてきました。

動物はいつも人間に振り回されて、時には命まで奪われてしまうのです。

北海道に移住して私が感じたのは、

自分の都合を優先できない程の自然の力強さ

です。

それは、動物だけでなく、気候や天候などからもそう感じます。

人は都市や街を作り、いつしか自分たちの思い通りの生活を送れるようになってきました。

しかし、自然のことわりを優先し、それに合わせて生きていく、それこそが「生きる」ということなのではと、私は北海道に移住してから考えるようになりました。

だから私は、多少睡眠不足になろうとも、眠い目をこすりながら、大好きなキタキツネの写真を撮り続けたいと思っています(笑)

最後までお読み頂きありがとうございます。

ランキングに参加してますので、ボタンをクリックして頂けると大変励みになります!

↓こちらの愛犬がボタンです。顔をポチっと押してやってください(*^-^*)

にほんブログ村 にほんブログ村へ

naturespirit移住生活
スポンサーリンク
Fluffy Brownをフォローする
The Nomad of the Spirit

コメント

タイトルとURLをコピーしました