固定種の野菜とは?

スポンサーリンク
スポンサーリンク

「固定種」と「F1種」

私が畑を作った目的は、「固定種の野菜を食べたい!」これにつきます。

「固定種」の野菜とは、簡単に説明すると、各地域の風土に適応して育った野菜のことで、代々「自家採種」をして受け継がれてきた野菜のことです。(伝統野菜とも言われます)

それに対して、普段スーパー道の駅などで売られている野菜は、F1種」と呼ばれます。

なので、私たちが主に食べている野菜は「F1種」です。

「固定種」と「F1種」は一体何が違うかというと、いくつかありますが、大きく違う点は、「種が採れるか、採れないか」という点です。

それを聞いて、

「野菜はみんな種から出来るんじゃないの?」

と思われた方もいると思います。

その通りです。

野菜はみんな種から育ちます。

しかし、「F1種」の野菜は、自分の畑で採れた野菜から種を採って、次の年に蒔いて育てることができません

種ができても、親と同じような野菜には育つことは難しく、食べてもあまりおいしくないと言われています。

なので、毎年種を、販売会社から購入しなくてはなりません

それに比べ、固定種と呼ばれる野菜は種を採り、次の年に蒔いて、親と同じように育つので、食べることができます

さらに、それを年々繰り返すと、その土地に合った強い作物へと変わります

固定種を育てない理由

それならば、「固定種を育てた方が良いじゃないか?」

と思う方もいるかもしれませんが、「F1種」にもいくつかメリットがあります。

その最たる理由は、世界中で行われている大規模農業に適している点です。

「F1種」は一斉に同じ期間で育ち、揃って刈り取ることができるのです。

なので、皆さんが良く知っている様な、大きな機械を使って植えたり、収穫したりする農業にはうってつけなのです。

反対に固定種は、芽が出る時期、実ができる時期、刈り取れる時期もバラバラです。

その上、形も不揃いで大きさもまちまちなのです。

つまり、大量に売りたい農家や販売店にとって、固定種は何かと、不都合なのです。

他にも諸々ありますが、興味のある方は「固定種」にまつわる本を読んでもらうと良いと思います。

今までの野菜のイメージが一変します。

固定種の種

私は移住する前から固定種の野菜を食べてみたかったのですが、まず近くに売っている所がありません。

育てるにも、狭い集合住宅のベランダではなかなか難しいものがありました。特に固定種は自家採取できるのが最大の魅力なので、小さなプランターでは厳しいようです。

固定種の種は、ホームセンターなどではあまり取り扱っていない(売っている所もあるようです)ので、オンラインで注文して取り寄せるのが、食べたい野菜を入手しやすいです。

土を起こしたので、次はいよいよ種まきです。

最後までお読み頂きありがとうございます。

ランキングに参加してますので、ボタンをクリックして頂けると大変励みになります!

↓こちらの愛犬がボタンです。顔をポチっと押してやってください(*^-^*)

にほんブログ村 にほんブログ村へ

移住生活
スポンサーリンク
Fluffy Brownをフォローする
The Nomad of the Spirit

コメント

タイトルとURLをコピーしました