貴重な山菜「山ウド」の美味しい食べ方は?

life
スポンサーリンク
スポンサーリンク

「山ウド」とは

皆さんは「山ウド」を食べたことがありますか?

春の山菜で、日本全国に幅広く自生している山菜です。

日本全国に生えている山菜ですが、意外と貴重で入手しづらく、人気のある山菜です。

スーパーでも「ウド」は売っていますが、それは栽培したウドです。

売っている「白いウド」は、地下で光を当てずに育てたもので、緑色をしたものはそれに光を当てたものです。

なので、「山ウド」と書いてあっても、ほとんどが山で採れたものではありません

山に自生している「山ウド」が店頭に並ぶことはまれで、食べたことのある方は少ないかもしれません。

ウド採り

そんな貴重な山ウドを、近所の仲の良い方に採りに連れて行ってもらいました。

家からそれほど遠くない山に向かいます。

しかし、道の近くに生えているものは、ほとんど採られてしまって無くなっていました

今日はそれほど山の中に入るつもりがなかったので軽装できてしまいましたが、道端にウドがないので、仕方がなく藪の中に入ります。

しかし藪に入った途端、すぐに服のあちこちにマダニが付着します。

ダニ対策をしてこなかったので、とても奥まで進めないと感じ、引き返します。

ここ数日一気に暖かくなり、ダニもわんさか増えてしまったのです。

北海道では、山や林の中に入ると、必ず言っていいほどマダニが付着します。

野生動物が多いせいでもありますが、山菜を採るときだけでなく、少しでも山際や藪近くなど、草むらを歩く際は、必ずマダニ対策をすることをした方が良いです。

ディートが含まれている「マダニ除けスプレー」が一番効果的です。

そしてさらに、首周りにタオルを巻くなどして、出来るだけ肌を露出させないように気を付けてください。

私たちは場所を移動するため車を走らせ、何とか「山ウド」が生えている所を見つけ、無事採ることができました。

採れたての山ウド

絶品の山ウドと山菜採りの際の注意点

家に帰って、さっそく「山ウド」の若芽と皮をむいた茎を、天ぷらにしてみました。

山ウドのてんぷら

味は、…あまりの美味しさに衝撃が走りました。

美味しいなんてものではありません。みずみずしさと優しい香りが口いっぱいに広がります。

山菜採りは毎年行方不明になる人や、クマやスズメバチに襲われる人などがたくさんニュースになります。

美味しい山菜を食べたことのない人は、

「なんでそんな危険を冒してまで山菜を採りに行くのだろう?」

と思う人も多いはずです。

しかし、本当に美味しい山菜の味を知ってしまうと、例え危ないと分かっていても、行かずにはいられないのです。

今日採ってきた山ウドは本当に美味しく、何故だか分かりませんが、すべてに感謝したくなりました。

美味しい山菜は、皆さんついたくさん採ってしまう傾向にあります。

山菜を採るときは必ず、細いものや小さいものは残しておかなくてはなりません

さもないと、他の人の採る分が無くなるどころか、次の年には生えてこなくなってしまいます。

採り尽くしてしまった場所に、またその山菜が生えてくるには、何年もかかってしまうし、もう生えてこない可能性も十分あります。

山菜は貴重で本当に美味しいし、栄養もあるので、知人にあげたりしたくなるので、つい採りすぎてしまいますが、それだけは肝に銘じておかなくてはなりません。

しかし、自然の恵み、山菜の美味しさは、たくさんの人に知って欲しいとは思います。

そんなところから、自然を大切にする気持ちも湧くものです。

採りに行けない方は、楽天などでも売っているので、ぜひ御賞味してみてはいかがでしょうか?



最後までお読み頂きありがとうございます。

ランキングに参加してますので、ボタンをクリックして頂けると大変励みになります!

↓こちらの愛犬がボタンです。顔をポチっと押してやってください(*^-^*)

にほんブログ村 にほんブログ村へ

lifenaturespirit移住生活
スポンサーリンク
Fluffy Brownをフォローする
The Nomad of the Spirit

コメント

タイトルとURLをコピーしました