移住をするとやることが多い理由とは?

life
スポンサーリンク
スポンサーリンク

スローライフとは真逆?

「移住して田舎でのんびり気ままに暮らす」

田舎暮らしのイメージは何だかんだ言ってこれではないでしょうか?

都会のせわしない暮らしに嫌気がさして、自然の多い所でスローライフを送りたい

こういった動機で、地方に移住したいと思う人は少なくないのではないでしょうか?

勿論、ライフスタイルや住む土地によって、そういった思い描くような生活を送れる場合もありますが、基本的にスローな生活を送るのは難しいと思っていた方が良いです。

田舎暮らしは忙しい

まず、都会でもそうですが、自分の家や庭を持つと、それにまつわる作業をしなければなりません。

私の場合は、修繕しなければならない空き家を購入したので、それを直す作業や時間が必要です。

さらに、庭は砂利一面の固い土なので花を植えたりするには、改良が必要です。

畑も作り、野菜を育てるのも結構手間がかかります。

畑は草取りも意外と大変です。

自分の交流範囲にもよりますが、都会とは違い、近所の人との距離(物理的な距離ではなく)も近いので、そういった方達と話をする機会も多くなります。(町が狭いので、外に出れば知り合いに必ず会うくらいです)

さらにそういった人たちに山菜や野菜を貰ったりする機会も多いのですが、泥がたくさんついたままだったりするので、それらを下処理しなければなりません。

結構量を貰うことも多いので、時間もかかります。

畑で無農薬の野菜を作ったり、ただで野菜を貰えるのは良いですが、スーパーや道の駅で野菜を買った方が綺麗になっており、調理だけを考えると楽ではあります。

都会に住んでいるときと同じように、会社勤めをして仕事をするならば、一日の大半は仕事に費やされるでしょうし、子育てをしている人は子供の面倒、親の介護をしている人は親の面倒を見なければならないでしょう。

田舎の民間企業は、土曜日は隔週休み、祝日は出勤という所も多く、年間休日は少ないところが多いです。

保育所に関しては子供が少ないので、待機児童で保育所に入れないということはありませんが、高齢の親と一緒に移住することを考えている人は注意が必要です。

これもまた場所にもよりますが、私の住んでいる場所は高齢者がたくさんいるので、施設に入るのは何年も待たされている状況です。

買い物も、都会の様に歩いて行ける距離にあったり、もしくは電車やバスで行けるということもないと考えていた方が良いです。

基本的にはマイカーが必須です。

職場が家の近くにあれば良いですが、無ければ仕事に行く家族の人数分の車が必要です。

最初は車のいらない職場で働いていても、仕事が合わず辞めるケースもあるので、人数分の車を持つ覚悟はしておいた方が良いです。

住む地域の気候条件にもよりますが、私の住んでいる北海道のような雪の降る地域は、家から出たり、車を出す際は、必ず除雪が必要なので、その分早起きをしたり、休みの日でも除雪による作業や時間が必要です。

忙しさはライフスタイルによる

いかがでしたでしょうか?

家も公営住宅に入れば、家や庭を手を入れする手間はありませんし、畑も借りたりしなければその手間もありません

退職後に移住したり、フリーで働いている人は、仕事の時間もそこまで取られることはないかもしれません。

なので、時間が足りないかどうかは、その人のライフタイルにもよるし、住んでいる場所にもよります。

なので、一概には言えないのですが、

「都会ではできない、経験できないことをやってみたい」

と思ったならば、時間が足りないほどやることが多いということは事実です。

なので、それを楽しいと思えるかどうかにかかってきます。

自分の好きなことだけをしたい、面倒なことは何もしたくない、自分のペースを1mも崩したくない、近所の人と関わるなんて絶対に嫌だ、などと思うならば地方への移住は止めておいた方が無難です。

前に書きましたが、移住を促している自治体などは、基本的に良いことしか言いません

隣近所の人に関しては「運」以外ありませんし、都会でもアパートの隣の部屋がうるさいなど、田舎だから起きる問題でもありません。

今回は田舎に移住すると、都会で暮らすよりも忙しいということについて書きました。

ただ、「忙しい」という言葉は、「心を亡くす」と書くので、果たして田舎暮らしに「忙しい」という言葉が当てはまるかどうかは分かりません。

私は少なくとも、整い過ぎている無機質な都会で生活をするよりも、大変だけれども自然がたくさんある場所で色々する方を選びます。

私の住んでいる地域の地元の方は、フットワークが軽く、忙しそうではあるけれど、毎日楽しそうに動き回っています。

そこは本当に見習いたいと思っています。

都会でやることがなく暇を持て余してしまうことにうんざりするくらいなら、都会では決して聞くことができない鳥の声を聴きながら、草むしりにいそしんだり、極寒の何も聞こえない静けさの中、雪かきをするのも、「決して悪くない」と、私は感じています。

最後までお読み頂きありがとうございます。

ランキングに参加してますので、ボタンをクリックして頂けると大変励みになります!

↓こちらの愛犬がボタンです。顔をポチっと押してやってください(*^-^*)

にほんブログ村 にほんブログ村へ

lifespirit移住生活
スポンサーリンク
Fluffy Brownをフォローする
The Nomad of the Spirit

コメント

タイトルとURLをコピーしました