強い光を浴びると寝不足になりやすい?

sensitive
スポンサーリンク
スポンサーリンク

光を浴びると寝不足になる

皆さんは睡眠は足りていますか?

私は昨日夜寝付けなく、さらに何度も目が覚めてしまい、寝不足です。

理由は自分ではっきりわかっています。

それは、昨日夜遅くまでPCを使った作業をしていたからです。

ただ、遅い時間と言っても、夜九時半くらいです。

しかし、何故それで寝不足になるかというと、夜にパソコンの画面から出る強い光を浴び続けてしまったからです。

私は夜に強い光を浴びると、寝付けなかったり、眠りが浅くなってしまうのです。

そしてそれは、HSPであるということも関係しています。

HSPは刺激にとても敏感です。

その中で、強い光明るい光は大きな刺激になります。

そして、パソコンスマホテレビの画面は、光が本当に強いです。

例え、画面の明るさを一番暗くしても、夜遅くに集中して眺めてしまうと、睡眠不足になってしまうのです。(ブルーライトカットも効果は実感できません)

だから私は、絶対に布団の中にスマホを持ち込みません

寝不足になることが分かっているからです。

なので、そういった強い光の刺激を取り除くことを考えて夜を過ごさないと、私はたちまち寝不足に陥ってしまうのです。

浴びる光を減らし、寝不足にならないようにする

そこで、睡眠不足にならないための、光への対策として、普段私がしている方法を紹介します。

特にHSPの方で、「何故眠れないのか?」と、悩んでいる方は参考になるかもしれません。

まず1つ目は、やはり一番大事な、

夜は強い光を浴びないようにするということです。

寝る2時間前にはパソコン、スマホ、テレビは見ないようにします。

2つ目は、

照明の明かりの量を少なくするということです。

リビングにある照明は消し、キッチンと寝室にある(リビングとつながっています)電球式の照明を1つずつつけて過ごしています。

つまり間接照明です。

最初は暗いと思うかもしれませんが、慣れれば全く違和感なく過ごせますし、赤みのある電球は、温かみも感じ、眠りにいざなわれたりもします。

対策3つ目は、遮光カーテンです。

外からの人工的な明かりがなかったとしても、太陽の光は本当に明るいので、遮光カーテンで窓を遮っていないと、早朝に目が覚めてしまいます。

それはそれで健康的なのですが、春や夏はあまりに早く明るくなってしまうので、私は寝不足になってしまうのです。

そうならないために、私はカーテンは必ず遮光の物にしています。

遮光には1級、2級、3級とありますが、特に光に敏感な方は、遮光1級をオススメします。

私は自分がHSPと知る前から、カーテンの遮光だけはこだわっていて、睡眠には遮光カーテンが欠かせません。

※もし雨戸があるなら、雨戸を閉めるのが一番効果的ですね。

睡眠は命

いかがだったでしょうか?

どれも手軽な方法ばかりだと思います。

しかし、今の社会、「スマホを見ないようにするなどは、かなり強い意志が必要です。

しかし、意思だけでは実行は難しいかもしれないので、「見ないようにする」などの工夫が必要かもしれません。

睡眠は、健康やパフォーマンスに直結します

なので、普段私は、これらの対策をきっちりしています。

しかし、夜遅くにどうしてもパソコンやスマホを使わなければならないときも出てきます。

そういったときは、必ず寝不足といった形で体に表れてしまいます。

「影響がない」という人もいるかもしれませんが、自覚がないだけで、体の中では影響が出ているかもしれません

光による刺激は、どちらかといえば自分で対策がしやすい刺激なので、さっそく今日からやってみてはいかがでしょうか?

寝不足の私は、万全を期して、今日は早めに就寝したいと思います。

最後までお読み頂きありがとうございます。

ランキングに参加してますので、ボタンをクリックして頂けると大変励みになります!

↓こちらの愛犬がボタンです。顔をポチっと押してやってください(*^-^*)

にほんブログ村 にほんブログ村へ

sensitivespirit
スポンサーリンク
Fluffy Brownをフォローする
The Nomad of the Spirit

コメント

タイトルとURLをコピーしました