他人に対して言いたいことをどこまでいうべきか?

sensitive
スポンサーリンク
スポンサーリンク

言いたいことを言う

皆さんは「人間関係に疲れた…」と考えることはどれくらいありますか?

多分日常かなりの頻度でそう思うのではないでしょうか?

仕事の内容が嫌でも人間関係さえよければ仕事も長続きしたりするものです。

そんな人間関係の悩みの一つで、

「言いたいことをどこまで言うか?」

というものがあります。

私はどちらかというとはっきり物事を言うタイプですが、それでも言いたいことを飲み込むことも多いです。

もちろん自分の思っていることをすべて言ってしまったら円滑な人間関係など築けるわけがありません。

ただ、言いたいことを我慢し続けてしまうと精神衛生上よくありません。特に嫌な質問「マイクロアグレッション」などをされたときに言いたいことを言わないのは、特にそうだと思います。

なので、「一体どこまで自分の思っていることを言って良いだろうか?」ということを考え込んでしまうかもしれません。

バカの壁

ただ、ここで問題なのは、例え言いたいことを言ったとしても、相手がそれを理解できるか、分かってくれるかが問題です。

一生懸命説明したり、こちらの言い分を話したところで、「で、何が言いたいの?」ということになる可能性も十分あるからです。

人間は様々な人がいるので、あまりにも考え方、生き方、大切にしていることなどが相手とかけ離れている場合、話したり、説明したところで徒労に終わってしまいかねません。

いわゆる、「バカの壁」というやつです。

キャッチフレーズにもなった、「話して分かるは大間違い」というやつです。

では、結局のところ、自分の言いたいことや本心を言うことは無駄なのでしょうか?

自分の為

結論を言えば、「言いたいことを言うのは決して無駄ではない」と、私は思います。

ただそれは、決して相手に分かってもらうために言うということではありません。

言うなればそれは自分の為です。

自分の思いを伝えるということは、ややもすると、自分のことを相手にわかってもらうどころか、相手の意見を変えて自分と同じ考え方にするということに繋がりかねません。

それでは、本来の「自分の気持ちを伝える」ということからは、ずれてしまいます。

大切なことは、ただ一つ。

「自分が思っていることを伝える」

それだけです。

相手がそれでどう思うかは、もはや自分で制御できるものではありません。

相手には相手の事情があり、言い分や考え方があったりするのです。

それに、反論したり屁理屈を言おうと思えば、そんなものはいくらでも作り上げることなど容易いのです。例え間違っていると感じたとしても、それを認めずに都合の良いことを持ち出して話を作り上げることなど造作もありません。

つまり、自分の考え、感情、思いを口にするということは、自分自身の為」なのです。

例え相手に理解されなかったとしても、それは自分自身の為になります。

自分が思っていることを言わずにいると、どんどん相手に合わせるだけの人生になっていき、重大な選択をしなければならない場面でも、相手任せにしてしまい、挙句の果ては自分の本当の気持ちも分からなくなっていってしまいます。

自分の思っていること、本当の気持ちを言うということは、自分自身を育て、自己承認力を上げるということに他なりません。

ただ、この同調圧力の強い日本で、自分の言いたいことを口にするのは、なかなか難しいことかもしれません。

しかし、決して絶望することはありません。

必ずどこかに、自分の気持ちを理解してくれる同士とも言うべき人がいます。

それは自分の住んでいる国ではないかもしれません。

現代は一昔前の様に閉じられた世界ではありません。

オンライン上には様々なコミュニティがあり、コロナが収束すればまた海外にも気軽に行けるようになるでしょう。

無理にその場所で頑張る必要は全くありません。

自分という存在を認め、必要としてくれている場所は必ずあります。

そういった広い視野を持つことこそが、自分という存在を認め、大きく変わりゆくこれからの時代を生き抜くために必要な力だと、私は強く思っています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました