HSPが移住をした理由とは?その1

sensitive
スポンサーリンク
スポンサーリンク

他人が納得する移住した理由

移住をすると必ず聞かれる質問があります。それは、

「なぜここに移住したの?」

という質問です。

しかし、私が移住した理由は、1つはっきりと、「これがその理由です」というものがあるわけではありません。

たくさんある条件が揃ったので、移住を決意した訳です。

しかし、そのさまざまな理由を、他の人に説明しても、あまりうまく伝わりません。

地方に移住した理由に多い、地域おこし協力隊で来ているわけでもありませんし、親類が住んでいるわけでもありません。

結構不思議がられることも多いです。

中には説明していると、「それが理由なんだね」と勝手に決めつけてしまう人もいます。

人は自分の頭の中で、物事を単純化しようとする傾向があります。

何故ならその方が分かりやすいからです。

例えば、離婚した理由を尋ねられた時、「夫が浮気をしたから」と答えたとします。

しかし、「浮気をした」というのは離婚を決めた大きな理由かもしれませんが、きっと離婚した理由はそれだけでなく(勿論、それだけで別れる人もいるかもしれませんが)、他にも様々な要因、さらにはそれに至る過程もあるはずです。

しかし、周りの人は「夫が浮気をしたから離婚した」という理由を聞くと、それだけで納得します。それは、はっきりしていて、分かりやすい理由だからです。

しかし、「色々あって別れた」と言われると、「明確な理由がないのに何でだろう?」と疑問に持つ人が多いです。

人は判断するのに、単純な答えであればあるほど、納得します。脳は分かりやすい単純なものほど好む傾向があるからです。

他にもよくある例が、「金持ちだから幸せ」、「学歴が高いから人格者」など、そうとは言い切れないはずなのに、世の中にはそういった単純化して物事を見ている例が多いはずです。

話はそれましたが、私が移住した理由は、そういった、目に見えて分かりやすい理由ではない為、説明しても周囲はあまり納得しないのです。

移住をした理由1

このサイトは、HSPの方が読んでくれることを前提に作っています

特に、HSPの人で移住を考えている方が納得するような、細かいことが書かれているサイトや記事はあまりないので、参考になるのではないかと思います。

長くなるかもしれませんが、それらを丁寧に書いていこうと思います。

まず、私が移住した理由の一つは、

「自分の敏感な感覚を守るため」

ということです。

他の記事でも少し触れましたが、私はとにかく、五感、特に聴覚への刺激に敏感です。

車の音、バイクの音、人・子供の声、足音、グラスや食器、調理器具がぶつかる音など挙げればきりがありませんが、そういった音が本当に苦手です。

出来ればそういった音を耳に入れずに暮らしていきたいですが、人がより集まる都会では難しいですし、田舎でも人が多い所では不可能です。

次に視覚です。

視覚に関しては、町中の情報量の多さに疲弊してしまいます。

町中は次から次へと現れる店や看板、商品、そういった物で溢れています。

特によくある、ショッピングモールやアウトレットモールなどはそういった物の宝庫なので、行くだけで疲弊します。

なので、どうしても買う必要があるものがない限り行きません

そして、スマホやパソコンを長時間見るのも体調や睡眠にダイレクトに影響してきます。

嗅覚は、最近ニュースに上がることもありますが、柔軟剤や洗剤などの強い香りや、化学物質の臭いで頭痛が生じることがよくあります。

味覚は、特に塩味に敏感で、塩辛い味の物は避ける傾向があります。

そして全部ではありませんが、隠し味に何が入っているかもわかるほどに敏感です。

触覚は身に着ける服が関係します。

綿素材のものを好み、化学繊維の物は不快感を感じてしまうので、直接肌に触れないようにしています。

軽く書き出しただけでも、書ききれない程なのですが、これを読んだ方も共感を覚える部分があるのではないでしょうか?

こういった敏感な自分の五感に気づいたとき、地方への移住、つまり、人の少ない所に引っ越しをしたいという思いに駆られるようになりました。

自分の調節でどうにかなる味覚や、触覚は都会でも大丈夫ですが、聴覚や視覚はどうにもなりません。

それに、パーソナルスペースを広く保つことができれば、自分の神経をより休ませてあげられるのではと思いました。

どちらかというと、都会で暮らすという選択肢が無くなったと言ってもいいかもしれません。

これが、私が移住した理由の一つ、

「自分の敏感な感覚を守るため」です。

目に見えるものでもないので、共感されることも少なく、説明してもあまり理解されません。

しかし、間違いなく私が移住した理由の一つです。

最近はHSPの認知も、メディアで紹介されたりして、進んできているとは思いますが、それでもやはり移住した理由として聞くことは無いに等しいかもしれません。

私も、移住した理由を説明するときに、これを言うことはほぼありません。

しかし、今のところ、私に関しては、この理由での移住は成功しています

なので、もし、こういった理由で移住を考えている方がいるならば、移住を考えても損は無いと私は考えています。

人の少ない町、静かな環境、自然で溢れる周囲、足音のしない一軒家、私にとっては理想の環境です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました