空き家を購入するメリットとデメリットとは?

北海道移住の注意点
スポンサーリンク
スポンサーリンク

空き家を購入するメリット

空き家を購入するメリットは、何といっても値段が安いということです。

家の価値は日を追うごとに下がっていき、30年ほどすればタダ同然という物件も珍しくありません。

家主は解体するにもお金が掛かるので、ほぼ土地だけの値段で売ってくれることも多いです。

新築の家が何千万円もすることを考えれば、そういった家を手に入れることができたらかなりの節約になります。

新築の家を購入しなくとも、毎月アパートの家賃を払い続けることは、ローンを組むリスクはないものの、毎月かなりの固定の金額が出ていくことになります。

収入における住居費の割合は決して低くないのが普通だと思います。

しかし、安い空き家や中古住宅を買うことで、そういった心配や悩みから解放されることができます。

そしてそれが、最大のメリットであることは間違いありません。

空き家を購入するデメリット

しかし、安い空き家や中古住宅を購入するにはデメリットも存在します。

そしてデメリットは、メリットよりもたくさんあります。

安い家にはやはり理由がある訳です。

中古住宅や空き家でも、程度の良い物は結構な値段がするものも少なくなく、今回はそういった物ではなく、破格の値段やタダ同然の家について書いていきます。

まず、そういった値段が安い家は、人が住んでいなかった期間が長いことが多いです。

家は人が住んでいないとどんどん悪くなっていきます

なので、購入しても、そのまま住むことができる家は無いと思った方が良いかもしれません。

少なからず修繕を行う必要がある訳です。

そしてその修繕が一番ネックです。

なぜなら、修繕にはものすごくお金が掛かることが多いからです。

中には新築で家を買ってしまった方が安いなんてこともあり得ます。

昨今の古民家ブームなどはいい例です。古民家再生には、かなりのお金が掛かります。

よほどのお金持ちか、店舗利用などの法人でない限り、難しいかもしれません。ブームに伴って、古民家自体の値段もとても上がっています。

(勿論、梁や柱など古民家は本当にしっかりしているものも多いので、それだけ出す価値があると思うならば、ローンを組んだりして購入するのも手かもしれません)

ただ、修繕に莫大なお金が掛かるのは、業者に頼んだ場合です。

自分たちでやる場合、つまりDIYによるセルフリノベーションで修繕などを行った場合は、業者に頼むよりも格段に安く済ませることができます。

DIY、セルフリノベの大変さ

DIYやセルフリノベを行えば安く済ませられるとは言ったものの、正直素人が全て自分でやるのはかなりの強者でない限り難しいと思います。

ネットなどでは、かなり大掛かりなDIYをやっている人が数多くいますが、皆ができることではありません。

我が家の場合も、最初は自分たちでほとんどやろうと思っていましたが、実際には業者に頼んでやってもらったりしなければ分からないところがたくさんあります(現在進行形)。

素人でもできるような修繕や、生活に支障のないペンキ塗りや、リメイクシート貼りならばいいのですが、生活するうえで欠かせない電気、水道、ガスなどはそうはいきません。

さらには床の張替え、ストーブやボイラーの設置、点検など、そういった資格や技術を持っていたり、経験が無いと、とても難しいものが本当に多いです。

我が家も、空き家を下見したときは「これなら肝心なところ以外は自分たちで何とか直して住める!」と思って購入した訳なのですが、実際やってみると専門の人に聞かないと分からないものが本当に多いです。

それも家一軒なので、作業の多さと大変さに辟易します。

そしてさらには、家を直している間は気持ちが落ち着きません

工事現場に住んでいるとまでは言いませんが、直すための資材があちこちに山積みされていたり、前の家の古い汚れたままの状態だったり、ペンキが塗りかけだったりと、かなり雑然としている状態で住むことになります。

感覚が繊細なHSPの人にはかなりストレスの溜まる状態です。

我が家の場合は、特にHSP犬が嫌がっているように感じました

なので、そういった自分たちで家を直したり、家を蘇らせている様な状態を、楽しみながら住めるかどうかもカギになります。

近くに住んでいるならば通って修繕したり、業者にやってもらうならば、終わるまで別の所に住むことも可能かもしれませんが、実際はなかなか難しいかもしれません。

私たちも遠方からの購入と移住だったのでそういったことはできませんでした。

家を安く済ますのも意外と大変

家にまつわる費用を安く済ませることができると、不安もぐっと少なくなるはずです。

家賃を払うために、ストレスの多い仕事を続けなくても良くなるかもしれませんし、仕事を選ぶ幅や基準が変わるかもしれません。

しかし、空き家を購入するということは、今回書いたようなことがあるので、何も考えずに購入すると大変なことにもなりかねません。

住んでいる地域によっては、空き家の購入やリフォームの際に補助金を出してくれる自治体もあるので、活用するとさらに安く抑えられたりします(条件があったりもします)。

移住をしたい人は今までも一定数いましたが、コロナ禍で移住希望者はより増えているようです。

程度の良い空き家は競争率も高く、すぐに売れてしまったりするので、早い決断を迫られることもあると思います。

実際私たちも、家を見てから二週間経たずに購入と移住を決断しました

無謀だとも思えますが、きっと縁があったんでしょうね(笑)

空き家を購入するかどうかの決断を迫られたときは、

「メリット、デメリットが自分にとってどちらがどれだけ大事か?」

それを自分の心によく問いかける必要がありますね。

最後までお読み頂きありがとうございます。

ランキングに参加してますので、ボタンをクリックして頂けると大変励みになります!

↓こちらの愛犬がボタンです。顔をポチっと押してやってください(*^-^*)

にほんブログ村 にほんブログ村へ

北海道移住の注意点
スポンサーリンク
Fluffy Brownをフォローする
The Nomad of the Spirit

コメント

タイトルとURLをコピーしました