薪を焚く場合は、焚き付けの為の端材が必要です!

life
スポンサーリンク
スポンサーリンク

端材の準備

春先から夏にかけて、薪ストーブユーザーは薪の準備をします。

私は去年原木からかなりの薪をこしらえたので、今年はあまり薪仕事をせずにいられます。

しかし、今年やらなければならない薪仕事がいくつかあります。

その一つが、

「焚き付けの為の端材の準備」

です。

どういうことかと言うと、皆さんは薪と言うと普通丸太を割った大きい物を想像するのではないでしょうか?

斧で割った薪

これらは「堅薪」といって、火持ちもよく、真冬にはこういった薪を一日に何本も使います。

しかし、こういった薪だけでは薪ストーブを焚くことはできません

何故なら、「堅薪」にいきなり火を点けるのは難しいからです。

焚き付けの重要性

堅薪は薪ストーブの中が十分に暖まり、火が燃えている状態で投入しないと、火がつきません。

大きさにもよりますが、大きければ大きいほど火が付きにくく、最悪燻されるだけになってしまうこともあります。

そうならないようにする為に、簡単に火がつく焚き付けや端材がたくさん必要になってくるわけです。

火のつきやすい乾燥した細い木切れ

そこからより火を大きくする為の大きすぎない木材

堅薪

というのが、くべる薪の順番になります。

私は知り合いの大工さんに使わなくなった木材をたくさん頂くことができました。

これらを細かくチェーンソーで切り、焚き付けの準備をしておきます。

細かく切った端材

端材を置く場所も必要

このように端材やらなんやらと、薪ストーブを焚くためには準備が欠かせません。

その為の手間と時間を掛けられなければ、お金で解決するしかありません。

しかし、薪は結構な値段がするので、よほどのお金持ちでなければ、薪ストーブの使用をずっと続けていくことは難しいでしょう。

勿論キャンプで使う程度の薪ならば、焚き付けもセットになったものがネットで買うことができます。

そしてさらに、こういった端材を置いておくスペースも必要になってきます。

私は近所で剪定した枝も貰ったり拾ったりしてため込んでいるので、その保管場所にも苦労します(乾燥した枝はよく燃えます)。

薪は、チェーンソーで切ったり、斧で割ったり、積んで乾燥させ保管をするにも、とにかく場所が必要です。

薪ストーブユーザーの皆さんも、十分に薪や焚き付けを用意して、冬に備えてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました