引きこもりとHSPの関係とは?

sensitive
スポンサーリンク
スポンサーリンク

引きこもりとHSP

引きこもりの方もまた、苦しんでいるマイノリティーだと思います。

そして引きこもりの方の中には、HSPの方が少なくないのではと、私は思っています。何故なら、その繊細な心が、つらい世間に耐え切れなくなった結果だと思っているからです。

8050問題など、もはや引きこもりは社会問題となり、少数派などと悠長に構えていられないものとなりました。

しかし、引きこもりも、ステレオタイプな生き方とは違うので、やはりマイノリティーな存在になってしまう訳です。

マイノリティーが生きるのは、本当に楽ではないと思います。

最近、「多様性」や「ダイバーシティ」と言ってはいますが、同調圧力が強い日本では、言葉が上滑りしている感が否めません。

とは言うものの、生きていくために、やはり社会生活を送らないわけにはいきません。

要はその折り合いの付け方を見つける必要があると思っています。

引きこもりとお金の問題

引きこもりの問題は、何だかんだ言って金銭の問題が大きいと思います。もし莫大な遺産や使いきれない程のお金を持っていたら、引きこもり生活を維持することだけはできるからです。

しかし、多くの人はなかなかそういう訳にはいかないと思います。

私も家の中で好きな本を読んだり、HSP犬と遊んだり、今であれば、庭作りなどに精を出していれば満足することが多いです。

正直人と会わず、こもっていても何の不都合も感じません

家にいれば、自分の好きな物、自分が大事にしているもので満たされているからです。

しかし、外に行けばそうはいきません。

家の外に出れば、今現在世の中で良しとされるものを、否が応でも目の前に突き付けられます

それは私にとってあまり大事なものではなかったりします。そしてさらに、そういったものの多くを私は持っていません

引きこもりの人たちの気持ち

だから私は、引きこもりたくなる人の気持ちが凄くよく分かります。

感受性が強く繊細な心だからこそ、心の痛みを人より強く感じ、引きこもってしまうのです。

そして、引きこもる以外の方法を知らなかったのです。

親族の方は本当に心配だと思いますが、決して責めることだけはしない方が良いと私は思います。

残念ながら、今の私には、自分自身を納得させられるだけの答えも、誰かを引きこもりから救い出すだけの答えも持ち合わせていないかもしれません。

ただ、だからこそ、今生きている世界や現状と、それぞれの折り合いの付け方を考えていく必要性があるのだと強く思っています。

最後までお読み頂きありがとうございます。

ランキングに参加してますので、ボタンをクリックして頂けると大変励みになります!

↓こちらの愛犬がボタンです。顔をポチっと押してやってください(*^-^*)

にほんブログ村 にほんブログ村へ

sensitivespiritthinking
スポンサーリンク
Fluffy Brownをフォローする
The Nomad of the Spirit

コメント

タイトルとURLをコピーしました