HSP犬が飼い主にして欲しい最大にして唯一のこととは?

sensitive
スポンサーリンク
スポンサーリンク

愛犬はHSP犬

私の愛犬はHSP犬です。

些細なことにも敏感に反応し、こちらの気持ちを察するのが本当に得意です。

基本的に犬は「空気を読む天才」です。

人の間に漂う不穏な空気を感じ取ったり、その人が怒っているのか、機嫌が良いのかすぐにわかります。

そして私の愛犬は、それに輪をかけて敏感なHSP犬です。

そんなHSP犬も11歳です。

私は犬が好きで、ずっと飼いたかったのですが、仕事が忙しくてとても犬を飼えるような状況ではありませんでした。

その間は、いつか犬を飼うことを夢見て、飼い方の本やしつけ本を眺めていました。

保護犬という選択肢

そんな犬を飼うのを夢見て生活していた人生でしたが、転職したのを機に、私は念願かなってペットショップから犬を迎えました。

「保護犬」という選択肢もありますが、当時はそういったことを知らず、ペットショップか、直接ブリーダーから迎え入れることしか考えていませんでした。

保護犬とは、無責任な飼い主によって放棄されたり、野犬として暮らしているところをNPOなどの保護団体によって保護された後、シェルターで暮らしながら飼い主を探したりしている犬のことです。

今ならば保護施設を当たって、少しでも動物の保護活動に貢献したいとも思います(ただ、独り暮らしの方や高齢の方は、保護犬を譲渡してもらうのはハードルが高いようです。犬のことを考えれば当然と言えば当然です)。

最近はペットショップの在り方も問題になっているので、もし、条件が合うなら、犬を飼うときは、保護犬を迎え入れることを考えることは大変良いことだと私は思っています。

犬のいる暮らし

迎え入れた愛犬はとても賢く、基本的なことはすぐに覚え、一緒に生活するのに支障をきたすことはありませんでした。

夢に見た犬との生活は、世話は大変でしたが、本当に楽しく、色々なところに散歩に出かけたり、一緒に布団で寝たり、愛犬との生活を楽しんでいました。

しかし、一緒に生活をしていくと、音にすごく敏感だったり、少しの気温差で体調に変化が現れたり、私が出掛ける際は食欲が無くなったり、トリミングに出した後は疲れてぐったりしてしまうなど、とても繊細な面があることに気が付きました。

私は、それを直す方法がないかと、本やネットで調べ続けました。

そして、対策があるものは試し、うまくいかなければ他の方法を試してみるなど、色々やってみました。

しかし、どれもうまくいきません

私は頭を悩ませ、自分が今まで読んできたような本の中の犬にならない愛犬に対し、どうしてなんだろうと苦しくなったり、憤ったりしました。

犬は飼い主に似るというので、神経質な自分が育ててしまったせいで、この子は私に似て神経質になってしまったんだろうと嘆いたりもしました。

動物にもHSPがある

しかし、後にHSPの存在を知り、犬や猫、その他の動物にも、HSPという性質があるのを知りました。

その時ようやく、愛犬はHSP犬(自分自身もHSP)なんだという事実に気づきました。

何かの縁なのか、HSPの人間の元にHSPの犬がやってきたのです

似たもの同士が、それに気づかぬまま何年も一緒に暮らしていました。

愛犬がHSPだと知り、愛犬の繊細な部分を直そうとしていた、自分の行動の間違いに気づきました。

HSPの特性は直せるものなどではなく、直そうとする必要などないものなのです。

愛犬が自分に重なりました。

自分のHSPの性質も、神経質などと、マイナスの性格と取られ、否定され、現代社会に馴染めずにいたからです。

その時、愛犬に対しての接し方の答えが出ました。

「ただ、この子の個性をそのまま受け入れてあげればいい」

ということです。

HSPという性質を受け入れる

私は自分の理想を愛犬に押し付けていました。

決して人を嚙むわけでも、人に吠え続けるでもなく、トイレの失敗もしません。

他人に迷惑を掛けたり傷つけるようなことは一切していないのです。

ただ、繊細なだけなのです。

子犬の頃にペットショップから迎えた彼女は、母親から無理やり引き離されて、寂しい思いもしています。

犬は永遠の3歳児とも言われます。

そしてさらに彼女はHSP犬です。

ただひたすら安心させ、甘えさせてあげようと決めました。

もし、神経質な犬を飼っていて悩んでいる飼い主の方は、愛犬がHSP犬の可能性が大いにあります。

もしそうだとしたら、徹底的に安心させ、甘えさせてあげてください

それが、HSP犬とうま暮らす秘訣です。

彼女のことを理解するのに本当に時間がかかってしまいましたが、これからはより彼女に寄り添っていきたいと思っています。

愛犬は移住する前も、した後も近所の人などに可愛がられ、とても人気者です。

トイプードルはシングルコートという毛の性質から、とても寒がりなので、真冬の北海道はこたえるようですが、家の中を暖かくして、彼女が少しでも快適に過ごせるように、家を整えていきたいと思っています。

※薪ストーブを導入してからは、今度は暑すぎるくらいの様です(苦笑)暑さ寒さにも敏感なHSPらしさを発揮しています。

最後までお読み頂きありがとうございます。

ランキングに参加してますので、ボタンをクリックして頂けると大変励みになります!

↓こちらの愛犬がボタンです。顔をポチっと押してやってください(*^-^*)

にほんブログ村 にほんブログ村へ

sensitivespirit
スポンサーリンク
Fluffy Brownをフォローする
The Nomad of the Spirit

コメント

タイトルとURLをコピーしました