「幸福な出来事」は「ずっと幸せでいられるためのチケット」ではない。

sensitive
スポンサーリンク
スポンサーリンク

幸せと不幸せは隣り合わせ

一見幸せと思える出来事も、実は不幸につながることがあります。

逆に、

一見不幸に思える出来事が、結果として幸せにつながることもあります。

しかし、「幸福」と「不幸」についてよく考えずに、表面だけを考えて生きてしまうと、そういったことが分かりません。

なので、長く生きて人生経験を積もうとも、分からない人は分からないままです。

分かりやすい例を挙げます。

宝くじで高額当選したとします。

一見相当な幸運の持ち主のように思われるかもしれませんが、そのお金が元で強盗に入られたり、金銭トラブルによって家族が不和が起きるようになってしまう。

あるいは、事故にあって両足が不自由になり、目指していたアスリートの道が絶たれた後に、勉学の方で身を立てることができたなどです。

これらは単純で分かりやすい例ですが、このように人生においては、幸福は不幸に、不幸は幸福につながることが多々あります。

幸福な出来事は、その時は幸福だったとしても、

それずっと幸福でいられるためのチケットでは決してないのです(勿論その逆もしかりです)。

SNSにはその他の情報はない

物事の一側面だけしかわからない最たる例がSNSです。

出来事をアップするSNSでは、一場面の切り取りに過ぎないので、その他の情報は全くありません。

なので、華やかな写真をアップすると、その人のすべてが華やかそうに見えますが、実際はそうでもありません

家族睦まじい写真をアップしていた芸能人が、その後すぐに離婚したりするのが珍しくないのもいい例です。

特に写真は、その写真がどうやって撮られたかまでは分かりませんし、写真に写っていない情報までは分かりません。

修正だってたくさんしている可能性も十分にあります。

しかし、人間は単純なもので、そういった一部分しかない情報にもかかわらず、それをまるごと信じたりします。

特に妄信的にその人物を信じていたり、好意を寄せていたりするとネガティブな考えを打ち消してしまうことも多いです。

他では、テレビ番組でも、幸福な出来事は全面的に良いニュース、不幸なニュースは全面的に悪いニュースとして伝えられます。

その他の情報はありません。

その方が単純で分かりやすいからです。

そして人はそれを信じます。

他の記事でもよく書いていますが、人間は物事を単純化する傾向があります

その方が理解するのに楽だからです。

HSPは心や物事の奥にあるものを感じやすい

中国の故事に「人間万事塞翁が馬」というものがあります。

これを理解するには、物事を表面上でとらえないということが大事です。

本当のことは、表面上や与えられた情報だけでは決して分かりません

そして、HSPはそういった心の奥にあるものに気づきやすいです。

傷つきやすいHSPだからこそ、そういった心の奥にある本当の喜びや痛み、苦しみを感じることができます。

人は誰しも多かれ少なかれ痛みを抱えています

しかし、不幸の中にも喜びが、幸福の中にも苦しみが隠れていたりもします。

「幸福な出来事」「不幸な出来事」と切り分け、その一方からでしか物事を判断するのではなく、その先、その奥にあるものを感じ、学ぶことが大事だと私は考えています。

そうすることが「他者に対して優しさのある世界を作る鍵」だと信じて疑いません。

最後までお読み頂きありがとうございます。

ランキングに参加してますので、ボタンをクリックして頂けると大変励みになります!

↓こちらの愛犬がボタンです。顔をポチっと押してやってください(*^-^*)

にほんブログ村 にほんブログ村へ

sensitivespirit
スポンサーリンク
Fluffy Brownをフォローする
The Nomad of the Spirit

コメント

タイトルとURLをコピーしました