海を越えて犬と一緒に移住する際は、フェリー「さんふらわあ」が大変便利です。

北海道移住の注意点
スポンサーリンク
スポンサーリンク

犬と一緒に遠方に移住するということ

動物と一緒に引っ越しをするというのはとても大変です。

一緒に住める住宅を探す必要がありますし、引っ越し先まで連れて行くのに交通手段も考えなければなりません。

地続きの引っ越しの場合は、一緒に車に乗せて移動すればいいですが、橋もなく、海を越えていく場合は飛行機か船のどちらかを使わなければなりません。

私たちの場合はフェリーを使って引っ越しを行いました。

理由は次の通りです。

車を持っていく必要があった。

飛行機では犬はキャリーケースに入れて別のスペースに乗せられてしまう。

フェリーだと犬と一緒に泊まれる部屋が用意されている。

我が家ののワンコは何度も書いていますが、HSP犬の為にとても繊細です。

なので、キャリーケースに入れて飛行機に乗せることはさせたくありませんでした。

飛行機では、犬は荷物と同じようなスペースに乗せられてしまい、「何かあったら」と心配なので、飛行機に乗せることは可能な限り避けたいと思っていました。

そしてどちらにしても、車を移住先に持っていく必要があった為、自分たちで車を運ぶ場合は、フェリーを使わなければなりませんでした。

調べてみると、フェリーにはペット同伴で泊まれる部屋がいくつか用意されているものがあることが分かりました。

ペット同伴で泊まれる船室

私たちが使ったフェリーは、商船三井フェリーの「さんふらわあ」です。

いくつかの港から出航しています。それぞれで仕様などが若干違うようです。

私たちが住んでいた所から一番近い港は大洗港だったので、大洗→苫小牧を選択しました。

青森→函館から出ている「津軽海峡フェリー」もペットと一緒に泊まれる部屋が用意されているのですが、日程の関係上などで利用は難しかったので、今回は「さんふらわあ」を選択しました。

「さんふらわあ」にあるペット同伴で泊まれる部屋は「スーペリアウィズペットルーム」という名前です。

4人部屋と2人部屋がありますが、数がとても少ないので、予約の際は注意が必要です。

連休などのシーズンはすぐに埋まってしまいます

私たちも2人部屋は埋まってしまっていて、4人部屋の方を選ぶことになりました(2人でも予約できますが2人部屋よりも料金が少し高いです)。

部屋は、匂いや毛などもなくとても綺麗な状態です。

犬の為の備品(トイレ、トイレシート、水飲みなど)が少しついています。

しかし4つのベッドのうち2つは収納式の物で、4人部屋と言ってもとても狭いです。

船室なので広さを求めてはいけません。

トイレと一緒のシャワールームがついています。

大浴場もあるので、湯船につかりたい人はそちらを利用すると良いです。

船室のすぐ横がデッキへの出入り口になっていて、そのすぐ横にドッグランが併設されています。

正直ドッグランはあまり綺麗に掃除されていなくて、獣臭が凄かったです。

HSP犬はかなり嫌がって、少しも喜びませんでした。

ただ、水道もついているので、外でしかトイレができない子は助かるとは思います。

HSP犬にとって初めての船旅

今回HSP犬にとって初めての船旅になりましたが、終始落ち着いている様子でした。

台風の後で波が大変荒く、船が相当揺れていましたが、歩く際は自分でバランスを取ったりなど、船酔いらしきものもなく、ご飯もきちんと全て食べていました。

繊細なHSP犬なので、今回の船旅はかなり心配していたのですが、そのたくましさは嬉しい誤算でした。

動物に対する意識が進んでいるヨーロッパの国などでは一緒に入れる店や交通機関がたくさんありますが、日本はまだまだそういった面では遅れています。

そんな中で一緒に泊まれて移動できるフェリー「さんふらわあ」は、ドッグオーナーたちには大変うれしいものです。

もし、内地に行くことがあるなら、ぜひまた利用しようと思っています。

最後までお読み頂きありがとうございます。

ランキングに参加してますので、ボタンをクリックして頂けると大変励みになります!

↓こちらの愛犬がボタンです。顔をポチっと押してやってください(*^-^*)

にほんブログ村 にほんブログ村へ

北海道移住の注意点
スポンサーリンク
Fluffy Brownをフォローする
The Nomad of the Spirit

コメント

タイトルとURLをコピーしました