物価上昇はドッグフードにも波及します!

thinking
スポンサーリンク
スポンサーリンク

値上げラッシュ

最近、ガソリン、小麦、電気、油など、値上げしていないものはないのではないかと思ってしまうほどいろいろなものが値上げされました。

要因はコロナやウクライナ情勢など様々でしょうが、とにかく困ってしまいます。

そして、あまり大きな値上げには至っていなかったドッグフードも例外ではないようです。

全部のドッグフードを調べたわけではないのですが、うちのHSP犬が食べている、「ヒルズ プリスクリプション・ダイエット」も大幅な値上げとなってしまいました。

うちの子は5年ほど前に「急性膵炎」を患い、それ以来低脂肪のドッグフードを食べています。

いわゆる「療法食」というやつです。

しかし、このフードが最近大幅な値上げとなってしまい、かなり痛い出費となりそうです。

ただ、ロイヤルカナンから出ている同じく膵炎の為の療法食、消化器サポート 低脂肪は値上げはされているものの、まだ小幅な値上げにとどまっているので、こちらに切り替えようとも考えています。

好みのドッグフード

家族の一員として犬を飼っている方なら分かると思いますが、ドッグフード選びは本当に悩みます。

なので、ドッグフードは本当に色々なものを試しましたが、「急性膵炎」を患ったことで、選択肢がほとんどなくなってしまいました。

幸い病気は完治をして、その後症状が出ることも一切ないので、療法食を止めようかとも思ったのですが、動物病院の獣医師さんいわく、療法食をこのまま食べ続けた方が良いとのことなので、そのまま低脂肪の物を与えています。

しかし、低脂肪はあまり味が良くないのか、食いつきがあまり良くありません(うちの子の場合)。

どうにかご飯を美味しく食べさせたいと、ネットで様々な情報を検索してみたところ、「手羽先」が体に良いとの情報を知り、それをトッピングするようにしました。

そしてその他にも、自然の成分である、野菜やささみ、ジャガイモなども日によってトッピングしてあげると、すんなり食べてくれるようになりました。

まとめ

毎日与えるドッグフードの大幅な値上げは本当に家計に響きます。

粗悪なものを与える訳にはいかないので、致し方ない所はありますが、給料が横ばいを続けるこの日本では、値上げが生活に与える影響は大きいです。

代替品があるものは、そちらに切り替えるという方法もありますが、我が家の場合で言うと、ドッグフードは難しく、頭を悩ませます。特に療法食は、出しているメーカーが限られているので、変更することができない場合もあります。

現在、ヒルズの大幅な値上げに比べ、ロイヤルカナンは今のところ値上げ幅は少ないのでそちらに変更しようかと思案中です。

そういえばロイヤルカナンの方がよく食べてくれてたなぁ…。

最後までお読み頂きありがとうございます。

ランキングに参加してますので、ボタンをクリックして頂けると大変励みになります!

↓こちらの愛犬がボタンです。顔をポチっと押してやってください(*^-^*)

にほんブログ村 にほんブログ村へ

thinking
スポンサーリンク
Fluffy Brownをフォローする
The Nomad of the Spirit

コメント

タイトルとURLをコピーしました