HSPとお酒の関係とは?

sensitive
スポンサーリンク
スポンサーリンク

お酒

皆さんはお酒が好きですか?

私は最近はそうでもありませんが、昔は好きでした。

HSPなので、飲み会の様な、大勢人がいる場は苦手でしたが、お酒を味わうことや、酔いが回って気持ちよくなることはとても心地よかったです。

アルコールにも強く、量もある程度飲むことができました。

体調の変化

しかし、ある時期から、お酒を飲むと体調が悪くなることに気が付きました。

特に量を多く飲んだ時はなおさらです。

それでも、「仕事で疲れた体や精神をほぐすのはお酒だ」という思いもあった為、飲む量を減らしたものの、飲酒を止めることはありませんでした。

しかし、自分の生き方を見直したとき、お酒を飲んでしまうと、やろうとすることが何もできず、その時間が全てお酒に取られてしまうということに気づきました

なにより体調不良さえ引き起こすのです。

お酒を飲むよりも、自分がしたいと思っていることがある

それなのに、お酒を飲んでしまう。悪循環です。

一体私は、「何故お酒を飲もうとするのだろう?」私はそう考え始めました。

確かにお酒を味わうことは好きでしたが、最近は酔うことを目的にしてしまっているようなところがありました。

私は時間をかけ、自分の心を深掘りしてみました。

そうしてようやく、一つの答えに辿り着きました。

HSPとお酒

私がお酒を飲む理由、それは、

「鋭敏な神経を鈍らせ、休ませるため」

ということだと分かりました。

私は極度のHSPです。

普段からそうでない人に比べ、神経への負担がとてもかかっています。

そこで、お酒を飲むことによって、その神経を鈍らせ、休ませようとしていたのです。

要は自分を守る、防御本能でもあったのです。

しかし、これはかなり危険な方法でもあります。

結局は嫌なことがあり、ストレスのはけ口としてお酒を飲むのと、そう変わりないからです。

嫌なことから目を逸らし、その場の快楽に身をゆだねる。

私自身そういう面があったと思います。

しかしそれは、一歩間違えればアルコール依存症になりかねません。

私は、年齢の為か、体の変化か、アルコールを一定量以上受け付けなくなりました。

なので、体を壊す前にその事実に気づき、飲酒をコントロールして、気を付けるようになりました。

本当に体に良いお酒

そして、一日中色々こなして神経が疲れた時は、体に負担のかからない本当に良いお酒を少しだけ飲むことにしています。

私が飲んでいる本当に良いお酒とは、「寺田本家」という千葉県にある会社が造っている日本酒です。

そこで作られる日本酒は、発酵を大事にし、「百薬の長たる酒」を目指して作られています。

そして、寺田本家のお酒の作り方は、「自然への敬意」「命」「生き方」などにも及び、共感することが多々あり、こちらのお酒を私は取り寄せて飲んでいます

普通に売っている日本酒よりも少々お値段が高く、送料もかかってしまいますが、それでも飲む価値があるお酒だと私は思っています。

特に、日本酒嫌いの方や、お酒を飲むと二日酔いになってしまう方に試していただきたいくらいです。

ちなみに、決して回し者ではありません(笑)

是非これを機会に、値段が安かったり度数が強く手軽に酔えるお酒から離れ、体に負担のかからない飲酒をしてみませんか?

そして、酷使し続けてきた自分の心ををいたわってあげてはいかがでしょうか?

最後までお読み頂きありがとうございます。

ランキングに参加してますので、ボタンをクリックして頂けると大変励みになります!

↓こちらの愛犬がボタンです。顔をポチっと押してやってください(*^-^*)

にほんブログ村 にほんブログ村へ

sensitive食べ物
スポンサーリンク
Fluffy Brownをフォローする
The Nomad of the Spirit

コメント

タイトルとURLをコピーしました